当社は最も急速に成長している大手上場製薬企業であり、ラオスでは現在最大規模の抗腫瘍薬・抗ウイルス薬企業です........

動画を見る

元素製薬有限公司

ラオス元素製薬有限公司は2019年に設立された後、多くの国内患者さんから注目されています。 それは、中国南京大学人工知能・生物医薬技術研究院副院長、産業教授、中国科学院細胞生物学博士の技術陣によって設立された会社であるからです。
ラオス元素製薬有限公司は、ラオスボーテン経済特区に設立され、ラオスボーテン経済特区は、インドシナ半島の中心地帯に位置し、中国に隣接し、中国-インドシナ半島経済回廊の交通拠点を守り、中国-ASEAN自由貿易圏(CAFTA)と瀾滄江-大メコン圏(GMS)の新たな温床として徐々に注目されています。2015年8月31日、中国政府とラオス政府は、「中国ラオス磨憨-ボーテン経済合作区建設共同総体方案」に正式に署名しました。2016年11月28日、中国政府とラオス政府は、「中国ラオス磨憨-ボーテン経済合作区共同発展総体計画(綱要)」に正式に署名しました。 中国ラオス 磨憨-ボーテン経済合作区の設立は、中国とラオスの経済貿易協力発展の重要なマイルストンとなりました。 詳細はこちら

生产最新的抗肿瘤类药物

最新の抗腫瘍剤の製造

提供丰富可靠肝炎类药物

豊富で信頼性の高い肝炎治療薬の提供

为全球提供合约生产服务

世界に向けた受託製造サービス

具有强烈社会责任感企业

社会的責任の強い企業

コア製品

Sotorasib

Ruxolitinib

Apalutamide

Selpercatinib

Semaglutide

Molnupiravir

Favipiravir

タダラフィル錠とダポキセチン錠

タダラフィル(Tadalafil)

ロルラチニブ(Lorlatinib)

カボザンチニブ(Cabozantinib)

レンバチニブ(Lenvatinib)

詳細はこちらをご覧下さい

最新情報

磨丁元素正式成立
肺癌患者优选—奥西替尼

ボーテン元素の正式設立

ラオスボーテン元素製薬は2019年に設立され、ラオスボーテン経済特区内に位置し、中国の製薬業界標準に基づいて建設された現代化製薬企業です。ボーテンに設立された工場の敷地面積は約2500平方メートルで、内部には行政事務区、実験室、生産工場、倉庫、公共工事区があり、機能区が明確に分けられています。

詳細はこちらをご覧下さい

肺がん患者さんに好まれる-オシメルチニブ

オシメルチニブは、まさにがんとの戦いの中で人類が生み出した奇跡であり、「ミラクル・ドラッグ」とさえ呼ばれています。 米国NCCNガイドラインでは、オシメルチニブの1次治療のデータははるかにリードし、EGFR変異NSCLCの1次治療に優先的に使用する薬剤として推奨されています。最近、国家薬品監督管理局は、上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)による治療歴のある、または病状が進行した非小細胞肺癌(NSCLC)成人患者の1次治療として、標的薬オシメルチニブを承認しました。なぜ1次治療薬と呼べるのか、その理由を見てみましょう。

詳細はこちらをご覧下さい

新製品の発表

国際産業

疾患相談

メディア&アナウンスメント

肝癌を標的とする薬剤の簡易分類

2021.04.14|ラオス康安病院ラオス康安病院老挝康安医院

ボーテン元素の正式設立

2021.04.14|元素製薬元素製薬元素制药

肺がん患者さんに好まれる-オシメルチニブ

2021.04.14|ラオス康安病院ラオス康安病院 老挝康安医院

健康のヒント集

抗がんと人生
がん治療と遺伝子検査
C型肝炎の治療はベルパタスビルを優先すべき
抗がんと人生

生命を救う薬の世界的な不足-衝撃的な流行病

元素製薬:お客様のニーズにお応えします